酵素玄米専用の炊飯器は不要!普通の炊飯器&5000円保温ジャーで作れたよ!

タイガー 電子ジャー 保温専用 保温ジャー 1升 マイルドグレー JHD-1800-HD

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

こんにちわ!

酵素玄米が食べないけど、専用の炊飯器が高くて買えない・・・
買えるけど、買って作ったら自分の口には合わなかった・・・
と迷っている方って割といるのではないでしょうか?

私は、完全に前者で、お金をかけたくない派ですw
けど、健康になりたい!っという、ただのわがまま野郎です。

で、私は、いかにお金をかけず酵素玄米を作る方法を調べ、実際に作ってみたのでご紹介しますね。

酵素玄米って、炊いた後に3日間ほど保温する事が、ポイントなんだとか。
その間に、酵素がドンドン増えるみたい。

極端に言うと、普通の炊飯器でも酵素玄米作れるっぽいです。
もちろん保温機能が付いている炊飯器が前提ですよ。

ただ、普通の炊飯器だとデメリットがあるんだそう。

保温温度が微妙(酵素の発酵に向いていない)
酵素玄米を保温している状態なので、食べ終わるまでご飯を炊けなくなってしまう。(食べれない期間が生じる)

そこで、解決策として、保温ジャーです!
保温ジャーは、炊いたお米を保温するだけに生まれた優れものです。

しかも、この保温ジャーのお値段が5000円程度で新品で買えるのです。
私は、メイドインジャパン派なので、タイガー社製の保温ジャーを買いました!

最安値と数百円違いだったので、配送スピード優先でアマゾンでポチッとしちゃいました。

タイガー 電子ジャー 保温専用 保温ジャー 1升 マイルドグレー JHD-1800-HD
保温専用電子ジャー
保温時間は12時間以内が適当
家族向け「1升炊き」
通電してるか一目でわかる「通電ランプ」つき
質量: 2.5kg
サイズ(幅×奥行×高さ(cm)): 32.3×28.4×30
容量:1升(1.8L)

タイガー 電子ジャー 保温専用 保温ジャー 1升 マイルドグレー JHD-1800-HD

色的にもグレーでインテリア的にもいい感じ。
これで、必要な道具は揃いました!

作り方は、簡単。
まずは、一晩水に浸した玄米に、小豆、塩(オーガニックなもの)を入れていつもの炊飯器で炊くだけ。
炊けたら、中身を保温ジャーに移動させる。

小豆も塩もアマゾンでまとめて買いました!

塩は、粒が大きいのではなく顆粒タイプがオススメです!

簡単でしょ?
思わず炊き立てが美味そうだったので、食べちゃいましたw
多分、酵素出てないと思いますけどね。

3日目ぐらいから酵素玄米っぽくなるらしいですね。

酵素玄米3日目

4日目ぐらいになったタイミングで、また次の分を炊飯器で炊いて、補充させてます。
一応補充するときは、保温ジャーの左と右側でわけて混ざらないように工夫してます。

そうすれば、酵素玄米の無限ループの完成。

どうでしたか?
思ったより、簡単ですよね?

ちょっと酵素玄米生活を試したい程度であれば、ご紹介したような保温ジャーだけ投資して、期間を決めてやってみるのもありじゃないでしょうか?

私は、とりあえずこのプチ酵素玄米生活を1年ぐらい続けることが出来たら、頑張った自分へのご褒美として、酵素玄米専用の高級炊飯器を購入するつもりでーす。(嫁の承諾は得てませんがw)

さぁ、酵素玄米を食べ続けることで、どれだけコンディションが良くなるか楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です