コロナ禍で新しい事に挑戦したパパ、趣味が2つ増えました

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コロナ禍になって一年以上。毎日同じような単調な日々。
そのせいか時が経つのが早く感じます。

我が家では、比較的アクティブに過ごしているのが、パパです。
そんなパパも、コロナには物凄く予防していて、家族の為にも一切の外出はしなくなりました。

妻からは、家に居てくれるのは良いのだけど、ゴロゴロ過ごされても困るので、せっかくだから何か新しい事したら?
と言うので、考えるキッカケになりました。

家で出来る事?家でできる趣味?
まずパッと頭に浮かんだのは、料理ですかね(笑)
以前から、テレビで男子ごはんとか見ていて、やってみたいけど面倒くさいと思って敬遠してました。

ただ、今は土日は時間が作れるので、とりあえず毎週土曜日だけは、パパが料理担当をする事にしました。
続くか?心配だったけど、なんだかんだ半年以上続いてます。
しかも、家族からも好評なので、この先コロナが終息しても、続けたいです(笑)

そして、もう1つ、新しく始めたのが競馬です。
もちろん競馬を見るのではなく、競馬を予想して的中させる事です。
ギャンブルなので、それなりにお金が減ったりする覚悟が必要ですが、100円からでも買えたのできちんと管理すれば借金地獄にはなりません(笑)

昔はどうだったのか知りませんが、今はネット投票と言ってスマホからポチッとすれば馬券が買えるんです。
競馬場や場外馬券場とか行かずに、家で買えるという事で、コロナ禍で始める趣味にピッタリでした。

人生で初めてこうしたギャンブルをやったのですが、意外と的中していて、スタート当時よりも資産が増えました。
競馬専用の銀行口座を用意したので、資産状況がパッとわかるようにしました。
増えたり減ったりするので、私はこれを競馬投資と呼んでいます。

料理も競馬も、やっていくと、これ何?どういう意味?と思う聞きなれないキーワードを目にします。
その度に、調べていくと、自分の中で知識が増えていく感じが、なんだか新鮮で楽しめました。

ある程度の年齢になると、そういう調べる事が面倒くさかったり、新しい事を見送ってしまいがちです。
私も特にそうですが、たぶんボケない為にも何かできそうなものを見つけてやっていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です