我が家のコロナ対策ルールは、外食は絶対テラス席!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コロナ禍になって2年目。
最初のころに比べたら、慣れてきたとは思いますが、やはりまだまだ怖いです。

結局去年も今年も、どれだけ外出したかどうか。ほっっとんど何処にも行ってないで過ごしてます。
本当に必要最低限の用事だけ、通院や食材調達などぐらいです。

それだけだと気が休まらないし子供の成長にも良くないので、広い公園で遊ぶぐらいしかレジャー要素がありませんでした。

ただ、1年間の間には、誰しもが記念日だったりお祝い事というイベントがあるはずで、我が家にも当然ありました。
そういう時だけは、外食で美味しい物を食べながらみんなでお祝しました。

それでも、我が家の外食のルールは、例年とは利用時間帯と利用場所が変わりましたね。
いつもならディナー利用が多めでしたが、コロナ禍では、ランチタイムに。
それに加えて、いつもなら室内が多めでしたが、コロナ禍では、必ずテラス席を利用してました。

飲食店のコロナ対策として、パーテーションなどで区切っている様ですが、私個人としては、それがどうしても効果的は思えないのです。
私は、知らない人と同じ室内空間にいるのが耐えられないようになってしまったのです。

気にし過ぎかもしれませんが、それだけ敏感になってしまったのです。

個人的には、室内が無理なので、テラス席なら許せるのです。
しかもそのテラス席でも席同士が離れていて、テーブル数も少ないという条件が揃うお店レストランだけを利用しました。
割と小さいお店で、店外に1組だけテラス席がある、といった環境が超理想です。

家族からは、日差しがちょっとイヤというクレームもあったので、天気も重要です。
必ず曇りになりそうな日に予約したり、パラソル付のお店を探したり、家族みんなが満足するように気をつけてます。

少し事前リサーチが大変ではあるのですが、自分の中で新しいお店と出会えるので、ちょっと楽しめましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です