子育て世代ですが、コロナ禍で思いっきりラジオにどハマりした理由

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

昨年2020年から、すっかりラジオっ子になってしまいました。
今では、ラジオがないと生きていけない!絶対に欠かせない存在にまでなってます(笑)

なぜ、ラジオなのか?

我が家でラジオが主流になった理由が2つあります。

1つは、コロナ禍でお仕事が完全に在宅でリモート勤務可能になったこと。
会社にいた頃は、集中して仕事をしたいときには、イヤホンを付けてもOKという社風でした。
何度か自分も試してみたのですが、やはり社内でイヤホンをしていると、なんだか悪いことをしている様な気持ちになって、私はほぼ無音で仕事をしてました。

それが、在宅リモートになると、周りの視線を気にせずに、音楽やラジオをイヤホンでなくても、スポーカーですら聴けるようになりました。
何も流さないと部屋が静か過ぎてツライ時があるので、ラジオのような雑談が大変重宝してます。

特に私が大好きでこの1年間以上ずっと聴いているのは、毎朝は8時~のあなたとハッピーで、ニッポン放送が中心です。

2つ
子供の前で、テレビを見ない!というのが我が家のルールにしてます。
どうしても、子供はテレビが付いているとそっちを見てしまうので、そうなると子供の目にも良くないですから、付けない事にしました。

なので、子供が起きてから、寝てくれるまでの間は、一切テレビなしの生活を送ってます。
ハッキリ言って、最初の頃は、情報源はスマホですから、ツイッターなどのSNSがメインでしたね。
だから、だいぶ世の中の事を知らない人間になってました、それも良くない事だったし、何よりも部屋が静かでツラかったので、耳で楽しめるラジオを聴く習慣がつきました。
ラジオは、目を使わず耳から楽しめるので、子供の相手をしながらだったり料理しながらだったり、ながら聴きに最適ですよね。
子供にとっても、テレビを見てしまう機会がないので、視力低下も防げます。

以上、2つのタイミングが同時に重なり、今ではラジオはテレビよりも好きになりました。
時間がある時は、ラジオにメール送ってみたりするなど、自分も参加する事で二倍三倍にも楽しめる独特な良さがある事に、今ようやく気づきました。
世の中的に、今改めてラジオの良さを実感している人がいるのも、私と同じような理由があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です