荷物が多い子供連れにピッタリ!近くの公園にキャリーワゴン(アウトドアワゴン)を使うのが便利。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

探そうと思った理由
コロナ禍になってから、特に公園で過ごす時間人が増えた気がしてます。
自分もそうですが、やはりレジャーや旅行、ショッピングモールなど、そういう場所に行きにくくなった、行きたくても行けないといった事情もあるのではないでしょうか。

良く行く公園だと、割と1家族1テント状態だったりしますね。
開くと勝手にテントになってくれる、ポップアップタイプのテント率が高いです。

後は、組立式テーブルやチェアも使っている方も増えていますね。
後はちょっと公園なのに行き過ぎじゃないかと思うんだと、たまーに、タープを張っている方もいます。

とはいえ、こうした荷物が増えていくと、どうしてもベビーカーに積むのも限界があるので、最近は、ベビーカーとキャリーが一体化したようなアウトドアワゴンが人気なのではないでしょうか?
我が家も、そろそろ欲しいなと思いましたので、色々と調べてみました。

この商品に決めた理由
ネットで調べていると、あっと言う間にいくつかキャリーワゴンにも種類がある事がわかってきました。
大きく分けると、次の3つ。

1.キャンプ用品を運ぶために作られたキャリーワゴン(アウトドアワゴン、キャンピングワゴン)
メーカーによって呼び方が色々あるようですが、最近あちこちで見かけるやつです。
コールマンとか有名アウトドアメーカーが人気みたいですが、今ではあちこちで作られ売られているようです。

2.子供も載せらせる前提で作られたストローラーワゴン(クロテックワゴン)
ストローラーワゴン(クロテックワゴン)は荷物の運搬だけではなく、お子さま二人乗り用に設計されているようです。

3.クルーザーベビーカー
ちょっと高級なデザインで、海外性が目立ちます。
日本だと何と言うモノなのか、表現が難しいですが、ちょっと気になったので、紹介します。

まだ買ってないけど、今年の夏は買おうかな!
使ってみたら、ここで紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です