リバーライトの極JAPAN 鉄のフライパンを買ってみた。

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

我が家で使っていた普通のフライパンがダメになってきたので、数年ぶりに買い替えをする事にしました。

そうせ買い換えるなら、なるべく体になるべく良いフライパンを使いたいなと思って、色々調べた結果リバーライトの極JAPAN フライパンを買ってみました。

基本的には、絶対に焦げ付かない!お手入れが簡単!といった便利なワードというのは、何かしらコーティング等されてたりするそうです。
それが有害な化学物質だった場合、料理をしているうちに溶け出して食材に付着するという話を聞いた事があります。

何でもそうですが、便利の裏には何かある!と、疑うようにしてます。

それで、今回は、100%鉄で作られている鉄のフライパンに決めました。
安全ですよね、何もコーティングされてない、ただの鉄ですからね。

ネットで、一番安かったのが、楽天のショップだったので、そこで購入。
届いてみて開封すると、なんだかカッコいい!取っ手が木製で持った感じも凄く良い!

説明書が付いていて、読んでみると、お手入れメンテナンス方法が書かれてました。
要は、使う前には、油ならしと言って、油を鉄になじませる作業が必要らしいです。
普通のフライパンだったら、そんな事をする必要がないですが、そこは鉄製フライパンならではでしょう。

でも、そうした毎回お手入れをしていく事で、段々と馴染んできて愛着が湧く感じが楽しめそうです。

実際鉄フライパンで料理してみると、いつもよりも美味しく餃子ができました。
やはり、鉄ならではの熱伝導率の良くて、保温性の高いから、短時間で一気に火を通せるからなのでしょう。

という訳で、買って満足してます。
ちょっとお手入れが大変ですが、自分の体に有害物質を入る事がないですし。
更には、鉄分も取れるのは体に良いですよね。

フライパン以外にも、鍋とかいろいろシリーズがある様なので、全部、鉄に切り替えも検討しようかな。
一般的に、メンテナンスをしっかりすれば、10年ぐらい持つそうなので、大事に使っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です