「抱っこ紐」「ベビーキャリー」は頻繁に使うベビーグッズだからこそ慎重に!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

赤ちゃんを育てる上で、抱っこひもはマストの必需品でしょう!

後で買い直すことにならない為にも、頻繁に使うものほど吟味して選ぶことをオススメします。

ベビーカーよりも、真っ先に買うべきかも知れないですね。

「抱っこ紐」には、種類がいくつかあります!

ベーシックタイプ
昔からある一般的なタイプで、肩や腰をベルトで支えるタイプのものです。
「抱っこ紐」「ベビーキャリー」と呼ばれています。

スリングタイプ
一枚の布でたすき掛けの要領で赤ちゃんを包めるタイプのものです。
海外で人気がある抱っこ紐ですが、最近では日本でも浸透しつつあります。愛用している方の声では、寝かしつけにちょうどいいらしく、サブ使いとしてオススメです。

おんぶ紐タイプ
リュックのように背中で固定するタイプで、昔から使われています。
最近では、抱っこよりおんぶの方が赤ちゃんの視野が広がる事で知育につながると言われ最注目を浴びています。

という大きく種類が3つぐらいです。

ネットで見ていると、大体目に入ってくるブランド、メーカーは、エルゴベビー、ベビービョルンばっかり。

どれが良いのかな悩んだので、先輩ママに相談してみたら、ファムベリーの抱っこひもが使いやすいというクチコミを聞きました。

しかも、「良かったらもう使わないから、あげるよ!」と言われ、ファムベリーの抱っこひもを譲ってい頂きましたw

実際使っているのですが、非常に使いやすいです。メッシュ素材なので、むれにくいですし。

ファムベリーは、海外ブランドと、国産ブランドの良い所どりの商品ですので、機能的であり出材戦もあり実用性重視のママにはピッタリです。

海外ブランドは、デザイン性も良いのですが、結局のところ日本人体型、骨格には合わず負担があって疲れやすいというクチコミも見かけられます。

使っていると、我が子が抱っこひもの肩ベルト部分を舐めたりするので、よだれカバーを買って対策してます。よだれカバーは、洗いまわす事を考え2枚ほど買うとよいです!

あと、首が座る前は、新生児用パッド、首を支えるヘッドサポートもあった方が良いです!
新生児用は、すぐに使わなくなりますが、ヘッドサポートは、使える期間が長いので出番が多いです。

ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です