子供出産を機に車を売却!ペットOKなカーシェアリング「Honda EveryGo(エブリゴー)」で決まり!

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子供が生まれると生活環境も大きく変化しますよね。

我が家も、思い切って車を売っちゃった。

売った理由は、これから子供の為に、とにかく節約して貯金!貯金!貯金!

する必要があるからですね(笑)

週に1回か2回乗るぐらいの車は、もはや贅沢品なのですね。

数年前から、車をシェアして乗れるカーシェアリングとか興味があったのですが、さらに最近では、個人間で車を貸し借りができるサービスも登場しているとか。

この前、我が家で色々調べてみたので、今どのようなものが存在しているのか網羅的に調べたことを紹介します。

カーシェアリングサービスは、大きく2つのタイプがあります。
1つ目は、個人同士で貸し借りできるカーシェアリングサービスで、世の中的には次の4つしか存在しないようでした。

個人同士で貸し借りできるサービス
1.DeNAが仕掛けた「Anyca (エニカ)」
DeNAが仕掛けたサービスなので、登録会員数25万人以上!と、利用者も多いのが特徴ですね。
また、高級外車、SUV、スポーツカー、1boxまで、9,000台以上のクルマが登録されているので、乗ってみたいと思わせるクルマが見つかるでしょう。しかも、月額費無料で、損保ジャパン日本興亜や東京海上日動の一日自動車保険を完備なので、安心して利用登録できそうです。

2.個人間カーシェアアプリ「GO2GO(ゴーツーゴー)」
「GO2GO」は“近所のクルマを安心、簡単、遠慮なく使える”をコンセプトとするIDOM発の共同使用契約に基づく新しい個人間カーシェアリングサービスです。

3.dカーシェア
ドコモが提供する「dカーシェア」は、カーシェア・マイカーシェア・レンタカーが集約したサービス。最短5分で登録が完了し、車種も豊富。月額料金がかからないのも魅力です。「dカーシェア」には、個人が所有している車の貸し借りができる「マイカーシェア」サービスもあります。

4.CAROSET(カローゼット)
「カロ―ゼット」は、スマートフォンなどにインストールした専用アプリに登録した自分が所有するクルマを、自分が乗ってみたい他のカローゼット会員のクルマと「一時的に交換」できる新しいサービスだ。

続いて、2つ目が企業が展開しているカーシェアリングサービス。
ペットOKな「Honda EveryGo(エブリゴー)」と、3大カーシェアと呼ばれる「タイムズカーシェア」「カレコ」「オリックスカーシェア」を比較検討しました。

1.ホンダが展開する「Honda EveryGo(エブリゴー)」
注目を集めるカーシェアリングサービスだが、自動車メーカーでもっとも早くから取り組みを始めていたのがホンダだ。また入会金や年会費が無料で、8時間3780円からというシンプルかつ手頃なプラン設定となっているのも魅力だ。入会金や月額料金も不要なので、まずは気軽に登録して欲しい。

チャイルドシートを装備している車はないそうですが、何より我が家はペットがいるので、ケージに入れればペット乗車OKは素晴らしいです!他社は、ペット完全ダメなので、我が家はホンダさん一本で利用してます(笑)

2.タイムズのカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」
入会金(手数料1650円)がある。月額費用(880円)があるが、利用料としても使える。

タイムズカーシェアの最大の強みは、なんといっても他社を圧倒するカーシェアステーション数の多さでしょう!時間貸し駐車場「タイムズ」を中心に全国43都道府県に約1万のステーションを展開しているので、ちょっと近所で歩けば存在するのではないでしょうか?

チャイルドシートは、オプションで1,100円/個で付ける事が可能でしたが、肝心のペット乗車NGだったので、選択肢から除外した(笑)

3.オリックスカーシェア
入会金無料、月額費用(840円)があるが、利用料としても使える。また、利用料金が割高だが、月額費用(0円)プランもあるので、毎月利用しない人には良心的である。

オリックスカーシェアの最大の強みは、長い時間のご利用が業界最安クラスである事でしょう!

チャイルドシートは、全社に搭載されてない上に、ペット乗車も禁止だったので、我が家的に選択肢から除外(笑)

4.カレコ・カーシェアリングクラブ
入会金(0円)。月額費用(980円)がかかるが、利用料金としても使える。

カレコ・カーシェアリングクラブの最大の強み、首都圏の「三井のリパーク」を中心にステーションを展開していて、タイムズより新型かつワンランク上のプレミアムなカーラインナップでしょう!

チャイルドシートは、一部のクルマには無料で最初から搭載されているようですが、肝心のペット乗車NGだったので、選択肢から除外した(笑)

レンタカーVSカーシェアリング
紹介したように、タイムズレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、トヨタレンタカー、格安レンタカーとな色々ありますが、総じてカーシェアリングよりも割高でしたので、「Honda EveryGo(エブリゴー)」を利用中です。

ただ、中でも、タイムズのレンタカーは、よくキャンペーン開催していて、それを適用すると下手するとカーシェアリングよりも安く借りれたりするので、見逃せないです。

なので、レンタカー使う場合は、タイムズのカーレンタル(レンタカー)サービスしか使ってません。

チャイルドシート問題について
カーシェアリングにしても、カーレンタルにしても、基本チャイルドシートは備わってないです。
ですので、チャイルドシートは、最低限の機能をもったタイプを購入する事をオススメします。

チャイルドシートはまだ購入前ですので、比較検討した結果については、別記事で書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です