赤ちゃんのかかりつけ病院探し方、小児科選びのポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

赤ちゃんが生まれたら、万が一に備えてかかりつけの小児科を決めておく必要があります。
3歳までには、予防接種も受けに行く必要があるし、かぜなど病気も多い時期です。
いざという時に頼りになる小児科選びは、なかなか難しいものですが、しっかり見つけましょう。

我が家では、ペットのワンコを飼っていた事もあり、そうした散歩中に知り合った先輩ママと子供が生まれる前から交流がありました。

ワンコの散歩中に知り合った先輩ママは、当然近所に住んでいる事もあり、ネット上では入手できない様な自宅近くの病院の口コミを聞く機会がありました。

何人かの先輩ママに聞くと、同じ小児科病院名が出てくるものです。やはり、良い小児科というのは、噂になるものです。

そうした先輩ママと出会わない場合は、近くの公園デビューして話しかけてみるのが良いかも知れませんが、なかなか勇気が必要かと思います。

簡単なのは、地域の市役所、区役所の子供支援課みたいなところで情報からゲットすると良いでしょう。
係の方も、数多くのパパママと接しているはずなので、良い情報も悪い情報もおのずと集っているはずですからね。

とはいえ、先輩ママの評判は良くても、自分が受診してみたらちょっと先生と合わないケースもあるかもしれません。
何度か受診してみて、やっぱり合わないようであれば、別の小児科を受診してみるスタンスで良いかと思います。

そんな風に気楽な気持ちで小児科選びしていくと良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です